2017 101234567891011121314151617181920212223242526272829302017 12

露髄させてしまった…


昨夜、シャックが私の目の前でアクビして気付いた!

右側前臼歯が破折してる~!

しかも、露髄してるし…

赤っぽい点のところ。
通常、手前と同じ位の高さがあるけど、ほぼ水平に破折してる。



もう、ピンポイントで露髄しちゃってるよ。



ここ二ヶ月くらい、前はそんなに好んで食べなかったアキレスをかなり好んで食べるし、
大きめのアキレスも喜んで囓るようになったから、調子に乗ってあげすぎた。






もう私のせいだ





ちょっと前にアキレス齧ってる時に少し出血してるな~って思ってたけど、齧って鋭くなった先っぽが
歯肉に刺さって傷ついたかな?くらいにしか思ってなかった。

きっとそのあたりで完全に破折して露随したんだと思う。





人間が露随してたら、相当な痛みを生じるのであります。
人によってはのたうち回るな…。


犬と人間の歯の構造はほぼ同じなので処置も一緒。

人間だったら麻酔して抜髄(神経取り除く)して~
根管消毒して…
などの

順序を経て歯に被せものするけど。


犬は局所麻酔じゃ処置できないしね。
全身麻酔が伴う。

しかも人間みたいに根管消毒して、型取りして、また次回被せものセットしましょう!
な~んて事は毎回全身麻酔しなきゃならないし、無理だし。

一般的に犬が露髄した時の処置はレジンで充填するらしい。(それか抜歯)
そんなの犬の咬合圧に耐えられるわけないし。
取れるたび、また全身麻酔して~
なんて…。





職場で私が保定して、根管消毒してもらって、バイト噛まない程度にCRで充填してもらうか~。
なんて事も考えてけど。
それでもダツリするだろうしな。
保定だけじゃキツイかな。
まぁ、歯肉見て感染してそうだったら、抗生剤飲ませて落ち着かせるかな…







てなわけで、
根尖が細菌感染して抜歯せざるをえない状態になるまで放置することにしました~。
生涯、放置状態で済むことを祈って。


時々状態をチェックはしていくけどね。





人間の場合、病巣があっても身体が細菌に負けなければ平気だし。



人間だったら、痛すぎて露髄状態でいる事はぜっったいにできないけど、犬は多少気になる個体もいるようだけど、感染さえしなければ、現状維持できるんだと思う。
多分ね。笑


シェパードのリクも去年、石を齧って前臼歯あたりが露髄してたのだ。
でも今も露髄状態で放置。
だからシャックもいけるでしょ!!





シャックの場合、アンダーなので後臼歯の噛み合わせが悪いのです。
だから通常の咬合の子と比べると前臼歯への負荷がかかりやすいのかもしれません。

見た目の構造上、もしかしたら通常の咬合の子でも前臼歯の方が負荷がかかるものなのかもしれないけど。



完全にアキレスちょっと与え過ぎたな。
こうなるって事、自分の仕事柄簡単に想像がついたはずなのにな~



後悔先にたたず。



まぁ、シャック自身は全く気にしてないし。


とりあえず、これ以上の破折を防ぐ為にもアキレスは禁止。

骨付き肉も控えるしかないな~。


人間なら
『左で噛んでね!』
って言っときゃいいけど。

右でも普通に噛んじゃうでしょ。

一昨日、ラム骨肉あげたばっかりだし。
普通に食べてたよ。
既に露髄してただろうに…。



これから、カルシウムは骨付き肉から摂取はできないと考えよう。
卵の殻、イワシ削り節、ヒジキ、ヨーグルト、小松菜などからも摂取できるし。
足りないようならカルシウムパウダーも使っていこう。



内臓じゃないし、
歯だしね。

何て事ないさ~。
なるようになるさ。


って事で、
独り言みたいな。
何て言うか。



この記事を書く事で開き直ろうと決めた。


なんか、スッキリしたわ。



ごめんね、シャック。





明日からミンギャラ家と2泊3日のキャンプだ~!!!

楽しむぞーーーー








ランキング参加してます
シェルティーマークをポチっとお願いします    
   
にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

シャクレ(愛称シャック)
バイブラックのシェルティー、シャックです。 2009年6月8日生まれだよ。

シャックのハニー

Author:シャックのハニー
バイブラックのシェルティー、シャック(本名シャクレ)とシャクレ家の人々の日常をどうぞ…。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR